過去の日記一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

音楽の力 

秋はコンサートシーズンとあって、私も日々のレッスンをさせて頂きながら、伴奏のお仕事も普段より頻繁にやらせてもらっています。

今日は新潟の柏崎にある国立新潟病院へお邪魔しました。こちらで重度の障がいを抱えながら生活されている患者さんの為に、秋のコンサートが企画され、ご招待をいただきました。

普段多方面でご活躍のクラリネット奏者の左藤さんと、日フィルのチェリスト久保さんと言う素晴らしい共演者にも恵まれ、とても温かい雰囲気のコンサートとなりました。

演奏終了後の院長先生がくださった言葉がとても印象的でした。
「普段リハビリしても動かない体が、生の音楽に合わせてゆらゆらと動いていた。患者さん自身も動かないと信じていた手が、演奏後の拍手を叩こうと動いた。音楽の持つ力は医療では説明のつかない物なのかもしれない。これがリハビリの本来の姿だと再認識させられた。」

普段、何気なく接している音楽に、ここまでのパワーが備わっていることを気づけていただろうか、と、音楽に携わる者として新たな勉強をさせてもらえた演奏会となりました。聞いて下さった方々のあの笑顔を忘れる事なく、これからも真剣に音楽と向き合おうと再確認させてもらえました。

ありがとう!新潟病院のみなさん!!

さて、今週末は生徒さんの埼玉コンクール本選会。このフルチャージされたエネルギーを、全力で注ぎたいと思います。

trioconcert20111026
終演後、共演者・お世話になった方々と。








ピアノ教室ぴぷら(さいたま市浦和区)
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。