過去の日記一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

イスの高さと弾きやすさ 

みなさんはピアノを弾くときに、イスの高さを調節しますか?

一般にちょうど良いイスの高さは、
鍵盤に手を置いた時に自然とひじが黒鍵くらいの高さになる高さといわれています。
でも、実際にはこれよりも低い高さでも気にしないで弾かれている方が多くいます。
明日ピアノの前に座ったら、自分のイスの高さを確認してみてくださいね。

実は、イスの高さって弾きやすさに大きくかかわってくるんです。

試しにイスを一番低くして弾いて見ましょう。
どうですか?結構弾きにくくなりません??
実はイスが低すぎると、手首が鍵盤の高さより下がってしまい、
腕全体の重さを支えながら指が鍵盤を押すことになります。
そうなれば、速いパッセージや軽やかな音を出すのは至難の業。
結果として、とても弾きにくいと感じるようになってしまいます。

それでは、ひじが黒鍵くらいの高さにくる様に調節してみましょう。
今度はどうでしょうか?きっとさっきより鍵盤が軽く感じられ、弾きやすいと思います。
この高さだと、腕の重みがしっかり手首で支えられ指も動きやすいフォームになります。
これでこそ、あなたの練習の成果が最大限に発揮できるでしょう。

もし、自分に合った高さが分からない方は、
是非ともレッスンの際に、先生に確認してみましょう。
または、いろいろな高さで弾いてみて、弾きやすい高さを見つけましょう。
そして、その高さでも大丈夫か先生に確認してみるといいと思います。

自分に合ったイスの高さで気持ちよく演奏できるといいですね!















ピアノ教室ぴぷら
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pipula.blog109.fc2.com/tb.php/3-89d118ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。